FC2ブログ

カーペットクリーニング起業塾

夢ある愛を!人生は変えられる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

番外編

いやいや~、世の中には変な人がいっぱい居るモンじゃね~?!
もっともワシ、塾長も大概ヘンなオッチャンだけどね(汗)。

不謹慎なことは重々承知だけれども、この手の他人のお話しは愉しいのぅ。
しかし、自分が当事者じゃったらとても笑いごとでは済まないじゃろ?

この場合の当事者とは、お客様(依頼者)ってこと。
ヘンテコな施工方法をしていて、不満足なサービスを提供しかできない輩が『プロフェッショナル』を名乗るのは、恥ずかしいから止めて欲しいんじゃがね。

しかも、ワシの愛する《カーペット・クリーニング業界》がいかがわしく・適当な業界じゃとの烙印が押されるのは我慢がならん!
いっそのこと、実名を挙げて糾弾するか??
 ・
 ・
 ・
イカンイカン、どんどんヒートアップしてしまったわい。
ひとりで勝手に盛り上がれるのは、お友達の少ないワシの悲しい性(サガ)のせいかもしれない・・・
 ・
 ・
 ・
ハァ~
なんだかチョッピリ落ち込みムード。

ブラックコーヒーでも飲んでリフレッシュじゃ!



前回の『ハクリ王子』って記事から、どんな風貌を想像したかな?

あれはフィクションのお話し。
でも、モデルとなった実在の彼の容姿はさしずめ『ドーモト・コーイチ』君に似たイケメンじゃよ。



今回は、番外編として店舗の床洗浄作業の時のお話しじゃ!

私はプロの技術者として自分なりのスタイルを持っている美容師です。
今はグループ店の一つの店舗を任せて頂いているチーフです。
あの日業務を終了して早々と店を後にしました。
月に一度のお店の清掃をお願いしている日だったからです。
後の作業と施錠を清掃業者の方にお願いして、途中まで従業員の娘と一緒に帰りました。
まぁ、毎度のことですし、いつも来てくれる業者さんたちですので安心です。
鍵は予め業者さんに預けてあるので面倒もない。
モ~ンダァ~イ、ナイサァ~
『ん?』
ふと、忘れ物を思い出したのでお店に引き返しました。
今思い返せば、《虫の予感?》だったかも知れません。
外の看板のスポットライト照明の電気は消えているのですが、店内の照明は明るいので、壁一面がほぼ硝子の店内の中で業者さんが作業している様子はハッキリと見えます。
硝子越しに機械を操作しているリーダーの人と目が合いました。
『遅くまでお疲れ様です』
『いつもご依頼ありがとうございます』
眼と眼で通じ合い会話した気がしました。
入口脇の柱の陰で、今回初めて見る『新人君?』が何やらスマホの画面を見ながら夢中の様です。
店内に入ると、作業中の為洗剤で床は泡立ちツルツル滑って転びそうです。
先ほど目の合ったリーダーは何やら背中を向けて一心不乱に床の洗剤をかき集めています。
『お疲れ様です~』
問いかけに
『ッス!』
職人らしい返答ってのでしょうか?
我々の業界なら『パンチパーマの刑』ものでしょうね(笑)。
しかし、この洗剤って良い匂い!
なんだか懐かしい香り!
一言でいえば『ゴージャス!』。
アレ?!
私の見間違いでしょうか?
入り口横に於いてあるバケツの横にあるボトル・・・
『リッチ・スメル・シャンプー ゴージャスの香り』
当店で使用して、お客様に販売もしているシャンプーではありません?
リーダーに声をかけます、
『ちょっと待って、チョット待って、お兄さん~』
『シャンプー使うって、何ですのん?』
『ハ・ハ・ハ・・・洗剤忘れてしまったのです』
『?』
『床にシャンプーは、有りですな! 新発見!』
『(怒)』
 ・
 ・
 ・
これも、実話を基にしたフィクションじゃよ。

もう、コンナンばっか。

はぁ~、喝っ~!
怒りより、疲れじゃよ、問題は!


励ましのお便りが、欲し~いの♡
スポンサーサイト
  1. 2015/07/04(土) 07:51:54|
  2. 機材・洗剤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上には上の・・・

Oh~ No~!
ナンチューこっちゃ!


前回の内容は覚えておるか?

そう、トンデモナイ洗剤を平気で使用する、『自称』ベテランカーペットクリーナーの話じゃったね?!
真剣にカーペットクリーニングと向き合って、日々切磋琢磨している方々には到底許しがたい話であったかと思う。

ワシも相当オチャラケテて見えるかと思うが、コト仕事となると当り前じゃが超真面目なんじゃよ。

でもでもでも~
勉強になる人っているでしょ?
反面教師!ってヤツ!

確かに『駄目』を知ると『良し』が必然的に分かってくるよね?そうだよね?



しかし、世の中は広いと知らされた。

まだまだ、上には上のツワモノがたくさん潜んでいる様じゃ!

今回皆に紹介するツワモノのは・・・
ハクリ使いの王子、名付けて・・・
ハクリ王子! じゃ~~~、どうだ、参ったか~~~???

読んで字の如く、剥離剤を何にでも使う『ハクリ王国』からやって来た王子様のお話し。
 ・
 ・
 ・
その昔、脱サラした中年がおったそうな。
清掃界はイロイロな勢力が入り乱れており、中年のオッチャンはただただその中を彷徨っておったらしい。
目標も見えず、その日・その場しのぎの一日を、二十歳前後のニーチャン達と共に作業に従事していた・・・
One  Of Them
着の身着のまま・道具も持たず・道具も持てず、稼いだ日当はオートマッチクにパチンコと飲み屋に消えて云った。
そんな中、ある日オッチャンは運命を左右する男と出会うのだ。
衝撃的な出会いをした男は『ハクリ王国』からきた魔法使いの様な男であった。
男は魔法の液体を使いどんな汚れも黒ずみもみるみる内にキレイにして行ったのである。
その液体こそ、『剥離剤』であった。
一発で虜になったオッチャンはその日から、タバコを切らす日は有っても剥離剤を切らす日は無かったという・・・
もちろん『ハクリ王国』の住人になったのは云うまでもない。
時は流れて~~~
カーペットクリーニングの機械を手に入れて(中古だけど…)、いっぱしのカーペットクリーナーとしてデビューしたオッチャン。
その機械を購入した資金源は勿論、剥離剤を駆使して稼いだお金である。
剥離剤を使いこなしていた魔法使いの様な男は、すっかりとオッチャンの手下となっておった。
下剋上?
いやいや、実力が物をいう世界では『キャリア』なんぞ屁のツッパリにも成りはしない。
プラプラとしていたオッチャンの息子も次期社長として引き入れた。
息子は、やって来た時から両手に剥離剤を持っていた。
ひと呼んで『ハクリ王子』!誕生
オッチャンはメデタク会長にまで登りつめたんだ!
オッチャンの持てる知識と豊富な機材を受け継いだ二代目は、当り前ではあるが清掃スキルも全てオッチャンから学んだ。
そう、あの魔法の液体の使い方も!
カーペットクリーニングの時でさえも!
『デ・ラミネーション』ナンザァ関係ねェ!
ハイ、おっぱっぴぃー!
・・・・・
本当に良いのだろうか?
これが正しい道なのだろうか?
明るい日は、やって来るのだろうか?
・・・・・
悩んだ時は、早めに寝て忘れよう。
そうすれば、目覚めた時には無かったことになるから・・・
リセーット!
 ・
 ・
 ・
床のワックスはハクレるけれど、タイルカーペットを留める接着剤までハクッテはいけません。

この物語は、多少の(?)脚色が付いちょるが、実際にカーペット洗剤に剥離剤を混ぜて使っている人は居るんじゃよな~。
何故、剥離剤をカーペット様洗剤として使ってはいけないのかの質問は勘弁してくれ!
ここはその質問に答える場では無いからじゃ!

しかし信じられんバカチンが居るもんじゃ!

喝~ッ!


情報過多のこの時代、個々人が簡単に情報を手に入れる事が出来るこの時代。
便利な時代ではあろうが、真の情報を見極める眼を持たないとヤバイ!
簡単であるということは、間違った道に進んでいくことも簡単だということ。

正しい情報を手に入れる確実な方法・・・
それは・・・
ワシじゃ!


塾長 拝
  1. 2015/06/27(土) 00:27:21|
  2. 機材・洗剤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あなたの考えが、わからない・・・

突然じゃが、質問するゾ!

あんたはソース派か? それとも醤油派か?
時と場合に応じて使い分ける派か?
それとも、素材の味を大切にして何にもかけない派か?

今回の質問の答えに深い意味がないから、どっちゃらでも良いんじゃが…
云いたかったことはこうジャ!

気に入ったものが出来ると、そればっか…
一つの事に入れ込む、そんな輩が時々居るわな?
もう、そればっか・・・!
けっしてこだわりとは云えないぞ!
ハッキリ言って、あんたって、バッカ?!

いかんいかん、きたなく罵って、知らぬ間にまた批判を浴びてしまうとこじゃった(汗)。
口の悪いところがワシのウイークリー・マンション・・・ウイーク・ポイントじゃね?

 ・
 ・
 ・

何の話だったっけ???
古い話は良く覚えているけど、最近の事となるとサッパリ?きっぱり?忘れてしまうんじゃよ。
だから、優しくやさ~しくしてね?!

 ・

そうそう、こだわりの話じゃった…
と云う訳で、ここからが今回の本題じゃ!



先日、知り合いのカーペットクリーニングの現場にお手伝いに行った時の話。
食事をするホールがカーペットで、厨房のコンクリート床との境が《まっ黒・くろすけ》状態であった。
レストランなどではよく見かける状態だ。

汚れは、厨房から引っ張ってきた油汚れに違いない。
厨房内はコンクリートのたたきであるので、水で洗い流すことが可能である。
しかし、カーペットとなるとちいとばかし事情が違って、素人ではお手入れが出来ない。
そこでワシらカーペットクリーナーの登場じゃ!


油汚れの中でも、《植物油》と《鉱物油》では、種類が違う。
どう違うか?
簡単に言えば、《食べらるか?食べられないか?》の違いじゃろう。

今回は、植物油に黒く染められたカーペットを復旧することが任務。

カーペットは油でカリカリの状態。
ちなみにテカリは無い様じゃった。

ブログで皆に伝えたかったことは・・・
《洗剤はケチるなよ~!》

この業者、なんとまぁ油汚れ用の洗剤ってことで、某メーカーの『ブ●ーク・●ップ』っちゅうのを使っておった。
前処理剤として、黒い獣道にたっぷりと!振りかけて・・・

この洗剤、厨房のダクトなどで油汚れ落としとして使うにはGOOD!な洗剤に違いない。
厨房内のコンクリート床にも効き目が有りそうだね。
しかし、カーペットの前処理剤として使うとは…

PHは13以上・・・
ご丁寧にタイネックスブラシを装着したポリッシャーで、何の躊躇いもなくゴリゴリ・ゴシゴシと!

黒く固まった油汚れを、親の敵みたいにチカラを入れてポリッシャーを回し続ける様は、決してお客様にはお見せ出来ん(汗)。

これはカーペットクリーニングなのか? それとも道路工事なのか?
終いにはカーペットから煙が立ち上らんばかりかの勢いで、危うく火事になりそう(笑)。

悲しいかな? 
ビルメン業界では、これがベテランの仕事じゃと認識されておる様じゃよ。

施工する業者も業者なら、管理する請け元も請け元・・・レベルの問題以前だと思うわな。

ちなみに、この洗剤の使用についてさらに詳しく話を聞こうかと思って切り出した所、まったく悪びれるどころか自慢げに洗剤の効果を話してくれおったわ。
以前、食品工場の清掃でこの洗剤を使ったところ劇的に汚れが落ちたので、今回のカーペットクリーニングに使ってみたって。
安くってその割に油汚れに良く効くんだってさ!

喝、喝、喝~っ!

この声、あの人に届け!(祈)


塾長 拝
  1. 2015/06/24(水) 22:58:45|
  2. 機材・洗剤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オンリー・ワン じゃ話にならん!

先日、カーペットクリーニングの現場で黙々とウォンドを引いておったら、

フト、頭に浮かんできた・・・


プロゴルファー・猿


㊟1.ウォンドとは・・・エクストラクション・クリーニング工法で使用するツールです。
           洗剤で浮き上がらせた汚れを回収する為に使います。
           参照;ウォンドの参考画像
㊟2.プロゴルファー・猿とは・・・手作りクラブ1本でラウンドする賭けゴルファー
                参照;ウィキペディアでより詳しく



この業界(っても、狭い狭い業界ですがね)、道具に投資する輩は少数派じゃ!

イメクラ・ランパブ・パチンコ・ヘルスに高級外車(最近は国産車も高いわな?!)に大金をつぎ込み、『自己投資』と自分を偽り誤魔化しちょると、先々に商売の先細りで痛い目遭いそうじゃ。



いかんいかん、また底抜け脱線ゲームしたバイ(汗)

ワシが鉄道社員じゃったら大ごとになっちょるな。


猿とカーペットクリーニングの相関関係・・・

判ったヤツは居るか?


答えは、『一本のみ!』じゃ。



猿は手作りクラブ一本でショットからパットまで全てを賄っておる。

対して、多くのカーペットクリーナーは一本のウォンドであらゆる素材・用途の床を賄っておる。

猿は漫画の世界じゃから・・・ネ!! 勘違いせん様に!



どんな素材でも、汚れでも、何でもかんでも『いつも使い慣れた・この一本!』ではイカンじゃろが!

会社の倉庫や車中に他のウォンドが何本並べていたとしても、使わなきゃ意味ねーンだ!

その道具はオブジェか?

しかも、中には階段のクリーニング施工でも『床用ウォンド』を使って幾フロアーもクリーニングしていくツワモノも居ったりするのぅ。

赤ちゃんを『高い・高い』しておるようなアクロバチックな体制でよく疲れないもんじゃ。

㊟3.意味わかりますか? 変な体勢の格好でってことを言いたかったのです


ウォンドにはそれぞれの特性が在る。

それは、ゴルフクラブに例えれば分かりやすいと思う。


ドライバーやフェアウェイウッド・・・

各番手のアイアン・・・

ウェッジ類・・・

パター・・・

・・・ナ! それぞれ用途が違うじゃろ?!

同様に、ウォンドでも色々あるんじゃ。



一杯いっぱい儲けて、その儲けを少しづつでも道具に回そうじゃないか。




関東に居るワシの知り合いの人は、ビックリするぐらい道具の知識がすごい。

何故か?

実際に身銭を切って色々な道具を試しているからなんだ。

階段用のアジテーションツールひとつ採ってみても、今までに様々なツールを使ってきておるから、その方が選定するツールに対するコメントには説得力が在るんじゃ。


道具は、使ってこそのもの。

言い換えれば、使ってこその道具。

出刃包丁でリンゴの皮を剥くような馬鹿な真似をする奴は、

喝ーーーっ! じゃ。

久々に『喝!』が出たところで、今日は失礼する。

またな!


ダディ拝
  1. 2013/06/20(木) 08:49:49|
  2. 機材・洗剤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間違った消毒法に喝!

カーペットクリーニング起業塾。

塾長のダディ宗岡だ。

昨日の現場は、生鮮食品を加工するところじゃった。

ワシが部屋に入ると、

パートのオバちゃんがスプレー片手に忙しそうじゃった。

何をやっているのかと尋ねると、

「アンタ知らないの?まだノロウイルスの危険性があるでしょ。

だからワタシ、こうやって消毒してるのよ。」

手に持っているのは消毒液スプレー。

主成分は「エタノール」じゃ。

ワシはオバちゃんに教えてあげた。

「一生懸命やっているところ申し訳ないが、

この消毒用エタノールは、ノロウイルスには全く効き目がないぞ。

ノロウイルスには『次亜塩素酸ナトリウム』を使うのじゃ。」

親切なワシに対して、オバちゃんはこう言った。

「ワタシ難しいコト解からないから、アナタやっといて!」

おいおい、これはワシの仕事じゃないぞ。

オバちゃんは、さっさとタイムカードを押して帰り支度。

「ワタシもう帰るから。

だってこの後、松波さんとカラオケの約束もあるし。」

知るかぁ!そんなもん。

ワシに喝!を入れてほしいようじゃな。

「食品を取り扱うものとして、大切なことじゃろ。

正しい消毒法の知識を身に付けてじゃな・・・、

あれっ?もういない。」

仕方ない。最低限人の手が触れる部分だけでも消毒しておくか。

「掃除屋さん、お疲れ様。

消毒もやってくれるの。悪いねぇ~。

ついでにこっちもお願いします。」

「えっ?次長さん、ワシ、あの、あの・・・、違うので・・。」

結局、なぜかワシが消毒した。

諸君の消毒法は間違っていないか?


今日は(今日も?)カーペットと関係ない話じゃったな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワシへの直メはこちらじゃゾ!↓

お問い合わせフォーム

お好みの資料・情報を無料で郵送するゾ!

カーペットクリーニングの情報は、

コチラ↓を参照してほしい。

ビルダーサポートのHP
  1. 2013/02/05(火) 17:02:37|
  2. 機材・洗剤
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

カーペットクリーニング起業塾

Author:カーペットクリーニング起業塾
はじめまして!
『カーペットクリーニング起業塾』・塾長のダディと申します。

本ブログでは、カーペットのスチームクリーニング&メンテナンス業を主体とした建物クリーニングサービスの起業についてご紹介しております。

転職・脱サラを検討中の方、または現在既に自営業者様で、更に新規事業を模索中の方々にフィクション・ノンフィクションを織り交ぜた話に乗せ、有益な情報をご提供したいと考えております。

また、起業後の事業の運営・相談などにつきましては『STEAM JOBS(スチーム・ジョブス)』ブランドで皆様のお仕事をキッチリとバックアップ&サポートさせて頂いております。

私への直メールは…
 ps22mune@gmail.com
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
お知らせ (22)
脱サラ (31)
仕事内容 (25)
カーペットクリーニング (40)
ビルメン業界 (21)
自営業 (33)
開業研修 (29)
仕事選び (42)
労働環境 (19)
自分のこと (12)
機材・洗剤 (6)
洗浄機械・洗剤 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。