FC2ブログ

カーペットクリーニング起業塾

夢ある愛を!人生は変えられる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トラックマウントは敷居が高い?

押忍!
どちらかと云えば、硬派に属する塾長じゃ!


皆の衆、チョイとばかしご無沙汰じゃったノゥ、勘弁してくれ!
それもこれも、J民党のAB君のノリノリ政策である、消費増税のせいじゃ!
忙しくしてる割に儲けは少ないのが悩みの種じゃネ。。

アンタらも消費税が8%になったことで、生活に支障が有ったかと思う。

えっ?! 増税のおかげで逆に生活にゆとりができたって?
中にはそんな例もあるのじゃろうね~?!

AB君に『いいね!』を押そうじゃないか。


まぁ、ココはそんな話をする場ではないからね!
先に進めよう。



先日、ワシのお気に入りである≪ガラスクリーニング用の延長ポール≫に問題が発生した。

良く見ると、何かが足りない・・・
セイワの延長ポール

分かるか?
本来、コイツは3段の延長ポールなのじゃが、写真右の黄色い先端に付く、ポール固定用の白色のプラスティックネジが無くなっておった。

こんなパーツが無くなっておるだけで、本来の目的には使用出来ないもんでね。

延長できなきゃタダの棒! 釣り竿にも物干し竿にもナリャしない(泣)。

気を取り直し、ワシも買った販売店にカクカクシカジカと説明し、部品取り出来ないか?と尋ねてみたんじゃ。

返答は数日後・・・

『メーカーの修理扱いになります。 修理代金は、¥6,000(税別)です』・・・とのこと。

バッカモーン!

買った方がエエンちゃう??

ワシが欲しかったのは、ネジだけで修理なぞ望んでいないのだからな。

~~~~~~~~~~~~


ユーザーとしては、何かあった時のことも想定内に考えて機材を買うことが多いと思う。

アフターメンテナンスのことじゃね。

今回のケースは、メーカー・販売店さんの一般的な対応例ってコンナモンだよって、敢えて書かせて頂いた。

しかし、このケースを高額なトラックマウント購入後の対応として置き換えて考えてみたら、オソロシイ事ではないだろうか?



トラックマウントに使用されるパーツは、基本的に日本国内では手に入らない、海外製のパーツを使用している。


それは、消耗パーツにとっても同じことで、一見コンバートが可能に見えるパーツ類も、それらの互換性はほぼ無いに等しい。

何故ならばそれは、使用されるパーツの規格が海外のモノだからである。

ネジを例に取ってみても、基本的にはサイズが【インチ規格】であり、ネジ山も日本規格の【ミリネジ】ではまったく違うため対応出来ないんじゃよ。

それらパーツの手配を頼んでみても、販売店さんからは『パーツ単品の供給は無いので、アッセンブリーで対応するんだ』と聞く。

これがバカ高い!

チョイとしたトラブルでも、ひと声かけると平気で○十万単位の金が飛んで行っていたからね(泣)。

事実、ワシも以前はそんなメーカ-・販売店の対応に苦労して泣かされた口じゃ。

しかし、どんなに不満があっても、壊れた機械をそのままにしておくことは出来ないので、結局は納得がいかなくても依存しなくてはならない・・・

キ○タマ握られてるのと一緒じゃね?

~~~~~~~~~~~~


トラックマウントは、維持するの大変なのだ!

まさにタイトルの通り、敷居が高い状態じゃ!


これではいつまで経ってもカーペットクリーニング業界が発展する訳ないじゃろな~~?!

ム・ム・ム~ 渇~ッ!

???????

何かシックリこないゾ?

オー・ソーリー!
久しぶり過ぎて、間違えちょったワイ。

喝~ッ!

結局、高価なトラックマウントを現場でガンガンに安心して使い倒す! 
トラぶった時にはリーズナブル・プライスでパーツが供給される・・・
そんな頼れるパートナーがいれば良いんじゃろ?
それなら問題解決は簡単じゃ!


カーペットクリーニング用品専門 WEB‐SHOP
AC/EC


トラックマウントに限らず、ポータブル・エキストラクターの面倒も安心して相談できる。

カーペットクリーニングに関する、部品・消耗品・アクセサリー用品等の供給はココじゃ!

知っておいても、アンタに損はナインジャないかい?

それどころか、お得な情報じゃろ?


マジで、いっぺん見てみやぁ~


ダディ拝
スポンサーサイト
  1. 2014/04/14(月) 23:09:51|
  2. カーペットクリーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知らない業種は難しく見える

カーペットクリーニング起業塾。

塾長のダディ宗岡だ。

ワシはこうやってカーペットクリーニングという業種を紹介しているが、

諸君の反応から察するに、

既存の業種はやさしく見え、

未知の業種は難しく見える。

こういった印象ではないか?

確かに、自分の知らない業種は、

本当にそれで商売が成り立つのか不安になるわな。

だから、皆なかなか手を出さない。

しかし、これこそがチャンスなんじゃ。

競争相手は少ない方がイイ!

既存の業種で勝ち残るには、

相当の努力とアイデア、資金力が必要となってくる。

当然厳しい価格競争にも晒される。

特に個人で開業する場合は、

スタートから不利だし、苦労の割に実入りが少ない。

一方、

未知の業種は、マーケットが荒らされていないので、

個人事業主でも商売がしやすいと思うぞ。

ただし、お客さんのほうも知らない業種なので、

プレゼンテーションのスキルは必要となる。

「潜在的な需要を掘り起こせ。」

口で言うのは簡単じゃが、行動に移すのは難しいし、

何よりも根気が必要なんじゃ。

カーペットクリーニング起業塾では、

理論や技術だけでなく、

顧客開拓の方法を「営業研修」で学んでもらう。

これは必須科目じゃぞ。

営業が苦手なヤツが、仕事を獲得できるようになる。

これを想定した内容じゃ。

カーペットクリーニング起業塾への質問・資料請求は、

お問い合わせフォーム

お好みの資料・情報を無料で郵送するゾ!


カーペットクリーニングに関する

最新情報はコチラ↓

ビルダーサポートのHP
  1. 2013/02/11(月) 00:18:05|
  2. カーペットクリーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

品質について考える

カーペットクリーニング起業塾。

塾長のダディ宗岡だ。

サービスを提供する側の品質、

サービスを受ける側の考える品質、

ズレていることが多いと感じるぞ。

ワシはビルクリーニングに携る前は、国際物流業界にいた。

勤め先のオフィスビルの床は、全てタイルカーペットじゃった。

ビル管理会社が年2回、

カーペットクリーニングを業者に委託して施工していた。

ワシは当時カーペットクリーニングの知識なんて全然ないので、

仕上がり具合などわかるはずもなかった。

では、当時お客の側だったワシがチェックしたことは何か?

1)クリーニング業者の身なりや言葉遣い。

2)移動した備品類を、元の場所に戻したか。

3)会社の所有物を汚したり、破損させていないか。

どうじゃ?

どんな洗浄機材や洗剤を使ったのか?

施工者の技術レベルはどうか?

素人であるお客さんには、どうでもよいことじゃ。

それよりも、こういう気遣いの業者を評価する。
DSC_0432.jpg

ホースでキズ付けないように、コーナーガードを使用。

洗剤を散布した場所との境目に、足拭き用マットを敷く。

たったこれだけのことができていないカーペットクリーニング業者が多いぞ。

「お客様第一」「お客様の立場に立って」「お客様目線で考える」などと、

ホームページやパンフレットに調子のいいことを謳っておきながら、

お客さんの気持ちをくみ取っていない業者に喝!じゃ。

カーペットクリーニング起業塾で学ぶことは、

知識や技術だけではないぞ。

お客さんの求める品質を考えることが一番じゃ。

それが商売の安定につながるからな。

異業種から来たヤツのほうが、この点については理解が早いぞ。

だから、未経験者の参加は大歓迎!

ワシへの質問・要望はこちらへ↓

お問い合わせフォームへ

お好みの資料・情報を無料で郵送するゾ!
カーペットクリーニングについての情報は、

こちらのサイトを訪問してほしい。

ビルダーサポートのHP
  1. 2013/01/19(土) 22:05:25|
  2. カーペットクリーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゅうたんとカーペット?

カーペットクリーニング起業塾。

塾長のダディ宗岡だ。

ある掃除業者から電話があった。

「じゅうたん(絨毯)クリーニングの料金教えて!」

ワシは「カーペットの種類は?」と訊いてみた。

「えっ?だからじゅうたんだってば。ジュータン!」

ワシ「???」。

話してるうちに判明したが、

このヒトは、「カーペット=タイルカーペット」

そして、「じゅうたん=毛足の長い高級な敷物」

という分類をしていた。

ワシが知りたかった種類と言うのは、

緞通・ウィルトン・アキスミンスター・タフテッド・

フックドラグ・ニードルパンチ・タイルカーペット、

このどれに属するか、また天然繊維か化学繊維なのか。

そして、施工面積と作業環境。

これらの条件により料金が変わってくる。

「じゅうたんクリーニングの料金は?」

と尋ねられても「○○円です。」とは答えられんのじゃ。

ところで、

このブログでは「カーペット」の名称で統一している。

アメリカで確立されたメソッドを基準に、

洗剤と機材もアメリカ製であるため、

「じゅうたん」とは呼ばず「カーペット」と呼びたいのじゃ。

そこんとこヨロシク!

なんだか支離滅裂になってきたが、

カーペットクリーニングのことなら、

コチラ↓のHPを参考にしてほしい。

http://builsuppo.com/

カーペットクリーニングを学んでみたいヤツは、

こちらへ↓

お問い合わせフォーム

お好みの資料・情報を無料で郵送するゾ!
  1. 2012/12/12(水) 21:59:11|
  2. カーペットクリーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本のカーペットメーカー

カーペットクリーニング起業塾。

塾長のダディ宗岡だ。

以前にも書いたと思うが、ワシは貿易関係の仕事をしている。

先日、あるカーペットメーカーがタイルカーペットを東南アジアへ輸出するとのことで、

ワシは、この会社を訪問した。

担当者と話をしている時のこと。

ワシは「スチームクリーニングにより、カーペットを長く使う時代になった。」と言ったら、

メーカーの担当者は、

「トンデモナイ!クリーニングして長く使われたら、新品が売れなくなる。」

と反論してきた。

使い捨て時代の悪しき感覚が、全然抜け切っていないんじゃな。

この会社のホームページを観ると、

「環境への取り組み」というページがあり、

エコだの、リユースだの、リサイクルだのと、

耳触りのイイ言葉を羅列しているが、

全然実践されておらんぞ!

喝!と言いたいところじゃが、

ワシの啓蒙活動が行き届いていないことが原因なので、

今回は勘弁してやったぞ。

カーペットクリーニングのことなら、

このホームページがわかりやすいぞ.

http://builsuppo.com/

カーペットクリーニングを学びたいヤツは、

こちらへ↓

お問い合わせフォーム

お好みの資料・情報を無料で郵送するゾ!
  1. 2012/12/09(日) 23:31:42|
  2. カーペットクリーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カーペットクリーニング起業塾

Author:カーペットクリーニング起業塾
はじめまして!
『カーペットクリーニング起業塾』・塾長のダディと申します。

本ブログでは、カーペットのスチームクリーニング&メンテナンス業を主体とした建物クリーニングサービスの起業についてご紹介しております。

転職・脱サラを検討中の方、または現在既に自営業者様で、更に新規事業を模索中の方々にフィクション・ノンフィクションを織り交ぜた話に乗せ、有益な情報をご提供したいと考えております。

また、起業後の事業の運営・相談などにつきましては『STEAM JOBS(スチーム・ジョブス)』ブランドで皆様のお仕事をキッチリとバックアップ&サポートさせて頂いております。

私への直メールは…
 ps22mune@gmail.com
どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
お知らせ (22)
脱サラ (31)
仕事内容 (25)
カーペットクリーニング (40)
ビルメン業界 (21)
自営業 (33)
開業研修 (29)
仕事選び (42)
労働環境 (19)
自分のこと (12)
機材・洗剤 (6)
洗浄機械・洗剤 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。