FC2ブログ

カーペットクリーニング起業塾

夢ある愛を!人生は変えられる。

チェーン店の指定洗剤

カーペットクリーニング起業塾。

塾長のダディ宗岡だ。

昨晩ワシは、大手スーパーマーケットのチェーン店で、

惣菜の調理場にあるレンジフードとグリストラップの清掃をやった。

チェーン店本部の指定した洗剤と施工方法でやれとのこと。

ワシはもっと良い洗剤と良い施工方法を知っているが、

指定された方法で仕方なくやった。

結果は、全くキレイにならなかった。

この洗剤メーカーは、ドラッグストアなどで、

「手肌に優しい洗剤」で有名なのかもしれんが、

プロユースとしては失格じゃ。

油汚れに全く反応していない。

しかし、それでも指定洗剤を使えとのこと。

不本意な仕上がりじゃったが、どうしようもない。

何のための清掃なのか?

誰のための清掃なのか?

どういう流れで指定洗剤が決定したかは知らんが。

洗剤メーカーを儲けさせるための清掃になっていないか?

指定洗剤に喝!じゃ。

キレイにすることよりも、決められた方法で実施したという

事実が重要なんじゃろうな。

結論としては、このような疑問を持つヤツは、

大手チェーン店の仕事は引き受けるべきではない。

作業単価の問題もあるしな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カーペットクリーニング起業塾に関する

ワシへの質問・要望はこちらへ↓

お問い合わせフォーム

お好みの資料・情報を無料で郵送するゾ!


カーペットクリーニングの情報や、

洗剤・洗浄機材の情報は、

http://builsuppo.com/

を参照してほしい。
  1. 2012/11/17(土) 22:44:26|
  2. ビルメン業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

床にマットを敷け

カーペットクリーニング起業塾。

塾長のダディ宗岡だ。

カーペットクリーニングの現場においては、

「足ふきマット(サインマット)」は必須アイテムじゃ。

清掃中マット

施工する部屋がカーペット床で、廊下がハードフロアーの現場が非常に多い。

Pタイルや長尺シートを「ハードフロアー」と呼ぶのじゃが、

表面にワックスが塗ってある。

カーペット洗浄中は、施工者の靴底に洗剤が付着している。

この洗剤の付いた靴で廊下を歩けばどうなるか。

そうじゃ、ワックスが取れて足跡が残る。

だから「足ふきマット」出入り口に敷くのじゃ。

しかし、実施していないカーペットクリーナーも存在する。

無神経なカーペットクリーナーに喝!じゃ。

カーペットクリーニングのレベルは、技術力だけではない。

お客さんに説明できる知識と、現場への気遣いも含めた総合力じゃ。

カーペットクリーニング起業塾では、こういったことも学んでもらう。

「そんなの当たり前のことだろ。」と思ったアンタ、

見込みがあるぞ。すぐに資料請求することじゃ。

お問い合わせフォーム

お好みの資料・情報を無料で郵送するゾ!

カーペットクリーニングのことをもっと知りたくなったヤツは、

コチラ↓のサイトが役に立つぞ。

http://builsuppo.com/
  1. 2012/11/13(火) 21:49:13|
  2. ビルメン業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライバルはルンバ

カーペットクリーニング起業塾。

塾長のダディ宗岡だ。

諸君は「ルンバ」を知ってるか?

そう、人工知能を搭載した「お掃除ロボ」じゃ。

ルンバ

部屋の隅々まで動いて、

露出した床面にある99%以上のゴミ・ホコリを取るそうじゃ。

掃除が終わると、自分で充電器のところへ戻る優れモノ。

日本で60万台以上売れているらしい。

成功の秘訣は、

「消費者が解決してほしいことは何かを考える。」ことだそうだ。

日本のメーカーは技術ばかり追求しているが、

大事なことが置き去りにされていないか?

掃除業界も似たようなもんじゃ。

技術の押し売りよりも、お客さんの声を聴くことに重点を置くべきじゃないか?

ボヤボヤしてると「ルンバ」に仕事を奪われてしまうぞ。

カーペットも得意なんじゃと。


カーペットクリーニングに関する問い合わせ・資料請求は、

お問い合わせフォーム

お好みの資料・情報を無料で郵送するゾ!


カーペットクリーニングの最新情報は、

http://builsuppo.com/

を見てくれよ!
  1. 2012/11/11(日) 22:07:20|
  2. ビルメン業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

技術自慢

カーペットクリーニング起業塾。

塾長のダディ宗岡だ。

建物クリーニング業界

(ビル清掃やハウスクリーニング)では、

技術自慢のヤツが多い。

かつてのワシがそうじゃった。

もちろんプロとして技術は大事。

しかし、肝心のお客さんは何を求めている?

アンタの自慢話ではないことは確かじゃ。

お客さんとの感覚のズレは大きい。

カーペットクリーニング起業塾では、

色々な技術を教えているが、

「技術さえあれば、お客さんは喜ぶ。」

このような考えに陥らないよう、注意喚起している。

まずは、お客さんの要望を満たすことじゃ。

カーペットクリーニング起業塾に関する

問い合わせ・資料請求は、

お問い合わせフォームへ

お好みの資料・情報を無料で郵送するゾ!

カーペットクリーニングの情報は、

コチラ↓でゲットすること。

http://builsuppo.com/
  1. 2012/10/21(日) 22:57:16|
  2. ビルメン業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教育の重要性

カーペットクリーニング起業塾。

塾長のダディ宗岡だ。

今日のことじゃった。

昼食をとろうと、現場近くの中華料理店に行った。

定休日の看板がでていた。

駐車場を見ると、

ホームレスと思しきオッサン3人が地べたに座ってタバコを吸っていた。

ヨレヨレのシャツに、汚れて真っ黒なズボン。

すると店のドアが開き、無精ひげの男が3人に向かって、

「ワックス乾いたから、中に入っていいぞ。」と言った。

おいおい、こんな汚い連中が飲食店に入るのか?

もしかして、店舗清掃のビルクリーニング業者か?

店の前の汚いワンボックス車の中に、ワックスの缶やモップの柄が・・・。

汚い身なりに、汚い道具、そして汚い作業車。

衛生管理の厳しいはずの飲食店に、これはダメじゃろ。

しかも、タバコの吸い殻は駐車場にポイ捨て。

清掃の腕前がどうであれ、喝じゃ!!!

ところが、ビルメンテナンス(ビルメン)業界では、

特にビルクリーニングの業界内においては、

モラルやマナーに関して、あまり重視されていないようじゃ。

一部にキチンとした会社もあるが、ユル~い作業環境の業者が多い。

ワシ自身、コンビニ・飲食チェーン店・パチンコ店等の作業応援に参加したが、

現場責任者が作業員(アルバイトを含む)に対して、

髪型・服装・言葉遣い・喫煙マナーに対する注意、

さらには道具や車の手入れを注意するところは殆ど見たことがない。

業界内ではOKでも、お客さん側から見たらNGじゃ。

異業種から参入したワシには、なぜこんなことに気付かんのか不思議でならんぞ。

カーペットクリーニング起業塾では、

「お客さんの目線」を重要視している。

技術を学ぶ前に、一般常識を学んでいただく。

この重要性が理解できんヤツは、悪いけど入塾をお断りする。

何度も言うが、

クレームの多くは作業の技術よりもモラルやマナーに関してじゃ。

「そんなの当たり前だろ。」と思ったアンタ、

すぐに資料請求してくれ。

お問い合わせフォームへ

お好みの資料・情報を無料で郵送するゾ!前向きに検討してほしい。

カーペットクリーニングについて、

もっと詳しく知りたければ、

コチラ↓のサイトへ行くことじゃ。

http://builsuppo.com/
  1. 2012/10/15(月) 22:45:53|
  2. ビルメン業界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

カーペットクリーニング起業塾

Author:カーペットクリーニング起業塾
『カーペットクリーニング起業塾』・塾長と申します。

本ブログでは、カーペットのスチームクリーニング&メンテナンス業を主体とした建物クリーニングサービスの起業についてご紹介しております。

転職・脱サラを検討中の方、または現在既に自営業者様で、更に新規事業を模索中の方々にフィクション・ノンフィクションを織り交ぜた話に乗せ、有益な情報をご提供したいと考えております。

事業の運営・相談などにつきましては『STEAM JOBS(スチーム・ジョブス)』ブランドで皆様のお仕事をキッチリとバックアップ&サポートさせて頂いております。

私への直メールは…
 steamjobs@gmail.com

どうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
お知らせ (23)
脱サラ (31)
仕事内容 (25)
カーペットクリーニング (41)
ビルメン業界 (22)
自営業 (33)
開業研修 (29)
仕事選び (42)
労働環境 (20)
自分のこと (12)
機材・洗剤 (6)
洗浄機械・洗剤 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

/html>